新宿西口徒歩1分の性病科 | 待たない新宿の性病科を探しています―新宿駅前クリニックの口コミ・評判

新宿西口徒歩1分の性病科

新宿駅前クリニック性病科 新宿西口徒歩1分の性病科

新宿駅前クリニックでは、男性のクラミジア性尿道炎、淋菌性尿道炎、細菌性尿道炎、亀頭包皮炎(カンジダ)、性器ヘルペスなどの診療を行っています。
また、クラミジアや淋病など性病の即日検査は行っていません。
精密検査を行っているため、外部の検査機関に外注しています。
これは、検査ミスが起こらないようにするための配慮です。
郵送検査キットを用いた検査や、クリニック内で行う即日検査、検査機関に依頼をする精密検査では検査の方法が異なります。
しかし、当日に検査結果が出なかったとしても症状が見られる場合は、抗生物質による即日治療を行うため、治療自体に大差はありません。

新宿駅前クリニック性病科 自由診療が低料金

新宿駅前クリニックは、自由診療が低料金であることが特徴です。
内科や皮膚科、耳鼻科も入っているため、泌尿器科や性病の治療に関しても保険診療を行っています。
新宿の耳鼻科・内科・皮膚科の病院

採算が取れる状態にしていることによって、自由診療でも利益が出ないような低料金にしているのです。
気軽に受診が出来る低料金は、性病の早期発見による予防に繋がります。
そのため、社会貢献の意味も込められているのです。
ただし、女性の性病に関する診察や、女性の陰部の視診や触診などは行っていないため、性病の治療は男性のみとなります。
また、精密検査機器が必要となる尿路結石や前立腺癌、前立腺肥大と精液検査は行っていません。

新宿駅前クリニック性病科 口コミ

男性の性病に関して、デリケートな部分の診察も低料金で行っている点が魅力の新宿駅前クリニック。
診察を受けた方の口コミを見てみましょう。
「一番近い場所にあった新宿駅前クリニックさんを利用しました。
仕事の合間であったため、可能な限り早く診察をしてもらいたいと考えていました。
午後一番であったためか、あまり混雑は見られませんでした。
診察も素早く終わりました。素早いといえど、症状について聞いてくださり、症状にあった薬も処方してもらえたため満足です。
早く診察を終わらせたい時にはおすすめのクリニックです。」
「とても良い病院だと感じたため、おすすめです。じっくり診察をしてもらいたいという方には、少々物足りないかも知れません。
しかし、スムーズに診察をしてくれるため、忙しい方には非常に良いクリニックであると思います。
受付の方も先生も、とても優しく親切でした。問診も丁寧、薬に関する説明もしっかりとしてくださったことが良いい印象です。
受付も待合室も非常に綺麗であった事が印象的です。院内は明るく、とても清潔感があります。
午後の時間帯に来院したため、非常に混み合っていました。
内科の新宿の病院ということで1時間ほどは待つのではと感じましたが、30分程で診察をしてもらえたため助かりました。
手際よく対応をしてくださるため、患者が多くても意外と待つ時間は短いようです。」
「泌尿器科を受診しました。平日であった事もあり、待ち時間はありませんでした。先生の対応も問題ありません。
特別親切、優しいという印象ではないです。淡々としている印象ですが、しっかり診察してくれていると感じました。
駅から近い点がメリットです。
建物自体は少し古いようですが、院内は清潔でした。」
「前から陰部の痒みに悩んでおり、インターネットで調べて改善方法を試してみても全く改善されませんでした。
そのため、新宿駅前クリニックを利用してみました。
クリニック内はとても清潔にされており、非常に印象が良かったです。
先生の説明も分かりやすく丁寧です。
来院してからは、強い痒みを感じることが無くなりました。」
症状が改善されることは勿論、院内の雰囲気や診察内容に関しても満足している方が多いようです。
駅からも近く、予約も不要で受診することが出来るため、性病が疑われる場合には早めの受診をおすすめします。

新着情報

【尿道炎】様子をみても治らず受診

でらいさん 男性 30代
ある日、排尿時などに陰部に鈍い痛みを感じるようになりました。
炎症や、はれ、しこりといった外からわかる症状は特になかったように記憶しています。
その際、ネットで性病などについて調べたのですが、特に自分の症状に該当する病気が見当たらなかったため、少し放っておいたら治るだろうとしばらくそのまま放置していたのですが、なかなか痛みが引かず、一週間後くらいに、あまりに気になったので、近隣にある泌尿器科にかかりました。

とくに陰部を診察されることはありませんでした。
尿検査をされ、性病などにかかるような心当たりはあるか確認されました。可能性は低いと思うけれど、ないことはない、という回答をしました。
簡単な尿検査の結果は即日出て、おそらく性病などの可能性はないと思うけれど、ということで、抗生物質のジスロマックを処方されました。
処方された薬を指示通りに飲み続けた結果、痛みは気にならなくなりました。
1週間ほどあとに検査結果を確認しに再び病院に行った結果、淋病などの性病は検出されなかったと教えていただきました。
その際、現在の症状などを聞かれ、問題ないと回答し、診察は終了しました。
病名としては、ウイルス性の尿道炎ということになるそうです。
≫ 『【尿道炎】様子をみても治らず受診』

【性器ヘルペス】パートナーも要注意

かじゅううさん 男性 30代
生での性交後の翌朝、カリ首の右側が赤く少しはれていることに気がつきましたが、日頃から性交後はカリ首が赤くなることがよくあったので特に気にはしませんでした。
夜になり、お風呂で右側のカリ首に赤いぶつぶつが4つあることに気がつき、触ると少しの痛みを感じました。
いままでぶつぶつができたことはなかったので、少し心配しましたが、まぁ治るだろうと放置しました。

しかし、症状はだんだんと重くなり、ぶつぶつの数こそ増えませんでしたが、シャワーの湯があたるだけで激痛がはしりました。
これはやばいとネットで症状を検索すると、画像検索などでもヒットして、おそらく性器ヘルペスだろうと目星をつけることができました。
放置しても治るが、完治はないと書いてあり、激痛もあいまって怖くなり、最寄りの泌尿器科を受診することに決めました

泌尿器科でみてもらうと、一目見て性器ヘルペスだな、と言われました。
感染経路や感染拡大を調べる為に、性行為等の経歴を詳しく聞かれました。
最初は性病ということで、恥ずかしい思いでしたが、最近は若い子でもヘルペスやクラミジアといった性病が増えているらしく、また、その危険性についても説明され、ちゃんと診察を受けてよかったと思えました。

治療はカリ首に塗る塗り薬と、飲み薬、あとは経過観察の為の3日に1回の通院でした。
通院した時は毎回注射をうたれましたが、おそらく抗生剤のようなものだったと思います。
治療を開始して1週間ほどで、目に見えるぶつぶつは完全になくなりました。
しかし、お医者さんの説明では、完全にヘルペス菌が、身体の中からなくなることはないそうで、また、身体の抵抗が弱ったりすると、同じような症状がでるそうです。

もし、症状が出てる時に、自分のパートナー等と性行為をしてしますと、自分の大切な相手に病気をうつしてしまうことになるので、まず第一にコンドームをつけることが必要だと、改めて思い知りました。
今回病院で診察を受けたことにより、性病の危険性と怖さをしっかり認識することができました。
もし、気になる症状があらわれた方は早めの受診をおすすめします。
治療費も通院すべてあわせて5千円ほどでした。
≫ 『【性器ヘルペス】パートナーも要注意』

【尿道炎】薬はしっかり飲み切るのが大切

壱紀さん 男性 30代
尿道にかゆみを感じ、さらに股間部分もかゆみを感じていました。
汗で股間全体がかぶれ、かゆみを抑えるためにかいたりしたから炎症が起きて少し腫れや痛みもあったので、大事な部分でもあるから早めに病院を受診して治療たほうが良いと思って行きました。

病院は近所にある病院にしました。
泌尿器科として治療実績が高くあり、以前にも違う症状で受診したことがありましたが、適切に処置してくれたから安心して治療が受けられると考えました。

尿道炎という診断を受けました。
汗で蒸れてかぶれてしまい、かぶれたところと下着が擦れて炎症が起き、そこから細菌が入って尿道炎になりました。
抗生物質を処方してもらい、さらに他にも股間部分でかぶれているところもあったから塗り薬ももらいました。
かぶれから炎症は塗り薬のおかげですぐに治まりましたが、かゆみなどはなかなか治まらず、できるだけ股間部分の風通しを良くするように気を付けることで一週間程度で症状が改善するようになりました。

これまで下着をブリーフタイプを使用していましたが、トランクスやボクサーパンツといった股間を締め付けないような下着にすることで発症する前のような汗による蒸れはなくなり、再発を防ぐことができています。
≫ 『【尿道炎】薬はしっかり飲み切るのが大切』

【陰部のぶつぶつ】診察してもらい適切な処理を

たこさん 男性 50代
若いころは川崎に住んでおりましたが、風俗遊びが好きで、毎週のようにソープやファッションヘルスに通っていました。
ある時よく指名していた女の子が体調を崩して休んでいると言うのを聞きましたが、同じ時期に少し陰部が痒い様な感じになり、もしかして性病なのでは?と心配になりました。
当時はエイズがニュースなどで報じられるようになった時期でもあったため、エイズだったらどうしよう、と気になりだしました。エイズ検査も兼ねて、陰部の痒みについて一度診察して貰おうと都内の性病クリニックに行って見ることにしました。

エイズ検査と言うことでまずは採血をしてもらい、問診や性交渉の経験についても聞かれ、素直に経験人数とどのような行為をしていたかを話しました。
次に診察台に乗り、パンツを下ろして寝るように指示されます。
陰茎を外から一通り診察され、次は皮を剥いて亀頭の部分やクビレの部分を診てもらいました。
陰部をまじまじと見られるのは初めてのことでしたので、ちょっと恥ずかしかったのですが、その時に先生に言われたのが亀頭のクビレ部分に小さいプツプツが出来ているということでした。
まさか性病で痒みが出ているのでは?と思って聞いてみましたが、先生の診察結果としては、昔の包茎の頃に出たプツプツということで問題は無いということでした。
痒みについては恥ずかしいことに良く洗っていないため、少し不潔になり痒みが出たとのことで淋病のような性病では無いとの事でした。
なお、当時は仮性包茎でしたので皮をよく剥かずに洗い、恥垢が残ったままの状態だったので痒みが出たのではないか?ということでした。以降よく皮を剥いて洗うようにしてからは痒みも治まりました。エイズ検査についても陰性でしたので一安心しました。
それ以来風俗もちょっと怖くなり行くのを辞めてしまいました。
≫ 『【陰部のぶつぶつ】診察してもらい適切な処理を』

【尿道炎】抗生物質で完治

孝蔵さん 男性 30代

ずっと気になっていた女性と知人が主催する飲み会で一緒になり、その後も2次会など行ってから酔っぱらった勢いで性行為をしました。
しかし、お酒の酔いが収まった翌朝に彼女から性病の治療中の話を聞き、病院を受診したほうが良いということで病院に行くことにしました。
一応、自覚症状はありませんでしたが、早めに治療したほうが症状の重症化や完治が早いと思い、病院に関しても彼女が通院している病院を紹介してもらって行くことになりました。

診断は尿道炎でした。
抗生物質を処方され、服用薬での治療となりましたが、元々、それほど痛みといった症状がなかったから全くつらくない治療でした。
治療機関に関しては思っていたよりも時間が掛かりましたが、無事に完治することができました。
さらに治療に関して保険が適用される治療だったから費用が抑えられたのも良かったと思います。
また、診断された時は家族と同居していたこともあり、家族に感染しないようお風呂に入る時には気を遣いました。

そして、性病を移した彼女とは同じ恥ずかしい秘密を共有したことから親しくなって連絡を取り合うようになり、症状が完治した後に付き合うことになりました。
ただし、付き合った馴れ初めに関して恥ずかしくて友人たちには話していません。
≫ 『【尿道炎】抗生物質で完治』