新宿西口徒歩1分の性病科 | 待たない新宿の性病科を探しています―新宿駅前クリニックなどの口コミ・評判

新宿西口徒歩1分の性病科

新宿駅前クリニック性病科 新宿西口徒歩1分の性病科

新宿駅前クリニックでは、男性のクラミジア性尿道炎、淋菌性尿道炎、細菌性尿道炎、亀頭包皮炎(カンジダ)、性器ヘルペスなどの診療を行っています。
また、クラミジアや淋病など性病の即日検査は行っていません。
精密検査を行っているため、外部の検査機関に外注しています。
これは、検査ミスが起こらないようにするための配慮です。
郵送検査キットを用いた検査や、クリニック内で行う即日検査、検査機関に依頼をする精密検査では検査の方法が異なります。
しかし、当日に検査結果が出なかったとしても症状が見られる場合は、抗生物質による即日治療を行うため、治療自体に大差はありません。

新宿駅前クリニック性病科 自由診療が低料金

新宿駅前クリニックは、自由診療が低料金であることが特徴です。
内科や皮膚科、耳鼻科も入っているため、泌尿器科や性病の治療に関しても保険診療を行っています。
新宿の耳鼻科・内科・皮膚科の病院

採算が取れる状態にしていることによって、自由診療でも利益が出ないような低料金にしているのです。
気軽に受診が出来る低料金は、性病の早期発見による予防に繋がります。
そのため、社会貢献の意味も込められているのです。
ただし、女性の性病に関する診察や、女性の陰部の視診や触診などは行っていないため、性病の治療は男性のみとなります。
また、精密検査機器が必要となる尿路結石や前立腺癌、前立腺肥大と精液検査は行っていません。

新宿駅前クリニック性病科 口コミ

男性の性病に関して、デリケートな部分の診察も低料金で行っている点が魅力の新宿駅前クリニック。
診察を受けた方の口コミを見てみましょう。
「一番近い場所にあった新宿駅前クリニックさんを利用しました。
仕事の合間であったため、可能な限り早く診察をしてもらいたいと考えていました。
午後一番であったためか、あまり混雑は見られませんでした。
診察も素早く終わりました。素早いといえど、症状について聞いてくださり、症状にあった薬も処方してもらえたため満足です。
早く診察を終わらせたい時にはおすすめのクリニックです。」
「とても良い病院だと感じたため、おすすめです。じっくり診察をしてもらいたいという方には、少々物足りないかも知れません。
しかし、スムーズに診察をしてくれるため、忙しい方には非常に良いクリニックであると思います。
受付の方も先生も、とても優しく親切でした。問診も丁寧、薬に関する説明もしっかりとしてくださったことが良いい印象です。
受付も待合室も非常に綺麗であった事が印象的です。院内は明るく、とても清潔感があります。
午後の時間帯に来院したため、非常に混み合っていました。
内科の新宿の病院ということで1時間ほどは待つのではと感じましたが、30分程で診察をしてもらえたため助かりました。
手際よく対応をしてくださるため、患者が多くても意外と待つ時間は短いようです。」
「泌尿器科を受診しました。平日であった事もあり、待ち時間はありませんでした。先生の対応も問題ありません。
特別親切、優しいという印象ではないです。淡々としている印象ですが、しっかり診察してくれていると感じました。
駅から近い点がメリットです。
建物自体は少し古いようですが、院内は清潔でした。」
「前から陰部の痒みに悩んでおり、インターネットで調べて改善方法を試してみても全く改善されませんでした。
そのため、新宿駅前クリニックを利用してみました。
クリニック内はとても清潔にされており、非常に印象が良かったです。
先生の説明も分かりやすく丁寧です。
来院してからは、強い痒みを感じることが無くなりました。」
症状が改善されることは勿論、院内の雰囲気や診察内容に関しても満足している方が多いようです。
駅からも近く、予約も不要で受診することが出来るため、性病が疑われる場合には早めの受診をおすすめします。

新着情報

陰部のぶつぶつ「説明を聞く事が出来て安心」

TKOさん 男性 30代

高校3年生の頃の話ですが、ある時ふいに陰部を見てみると亀頭の付け根部分にイボが複数あるのを発見しました。
親には相談できずネット環境も乏しい時代、同姓の友人に相談すると『それは尖形コンジローマだよっ』と言われたのをきっかけに病院く決心をしました。

症状としては痛みは無く亀頭のカリの部分にぶつぶつが複数付いていました。
昔は無かったはずですがいつのまにか出来ていたという印象です、自分は仮性包茎で普段あまり直視する事の無い部分だったので性病になってしまったと思い落ち込んだ事を記憶しています。

症状が気になったのですぐに泌尿器科の専門医が居る病院を探して受診しました。
診察自体は陰茎の患部を視診と触診されるだけでした、微細な検査をしなければいけないのだと思っていましたがすぐに診断は終了しました。
診断の結果はフォアダイスという、陰茎上に出来てしまう良性のイボのようなものとの判断でした。
男性の半分以上がフォアダイスというイボが発生しており、そのまま放置していても問題ないとの事でしたが見た目的に気になってしまい手術の説明も聞いたのですが費用が10万円くらいはかかるとの事で断念しました。
見た目のグロテスク感はありますが、多数の男性が同じ症状である事、性病ではない旨の説明を聞く事が出来てとても安心しました。

≫ 『陰部のぶつぶつ「説明を聞く事が出来て安心」』

性病:早く通院をして良かった

まえす 男性 30代

尿道全体というのではなく、先端付近がチクっとする状態です。
耐えることはできますが、この状態がいつまで続くのかわかりませんし、毎回痛みを感じるのが嫌だったことから病院で治療を受けることにしました。
このような状況になっている原因としてすぐ頭に浮かんだのは、1週間前に派遣型風俗を利用していたことです。
他に思い当たる原因がなかったことから、性病を疑いました。
総合病院は恥ずかしかったので、性病の治療を受けられるクリニックを受診しました。

風俗を利用したことで、排尿時に痛みを感じるようになったという理由でクリニックを受診するのは恥ずかしかったです。
ただ、来院した際に予想していたよりも患者がいたことから安心し、恥ずかしい気持ちは少なくなりました。
ただ、診察の際、医師に風俗を利用したかどうか質問され、図星だったので焦りました。
最も恥ずかしかったのは、細菌のチェックをするので医師に陰部を見せたことです。
男性医師とはいっても、自信があるわけではないので嫌でした。
プレパラートに尿道の先端を当て、その部分を顕微鏡で確認してもらったところ、細菌が増えて炎症を起こしているのが痛みの原因とわかりました。
ただ、軽い方だったようで、処方してもらった抗生物質を数日使用するとチクっとした痛みは消えました。

≫ 『性病:早く通院をして良かった』

亀頭包皮炎:軟膏で治った

ペン太さん 男性 40代
正直、あまりマメにシャワーを浴びる方ではないので、これまでもかゆみなどの症状が出る時はたまにあったが、たいていは数日間連続できちんと洗うと治っていた。
ところが、ある初夏の時期にやはりかゆみを生じたので、いつものように普段使いの男性用ボディーソープで洗ったとのろ、かゆみとは別のひりひりするような痛みがあり、また少し赤くただれたようにも見えた上に、数日前にいわゆるカップル利用のホテルを使った心当たりもあったので、もしや性病では?と思い、診察を受けに行きました。

病院選びに関しては、10年以上何かと外科や内科で面倒を見てもらっている病院が、そう言えば泌尿器科の表示もあったような?と思い、先生は30代の女医さんであるところに若干のはずかしさもあったのですが、まぁ馴染みだしと思い診察を受けに行ったところ、実は泌尿器科が得意分野であると聞いて安心して治療を受けました。
やはりデリケートな部位なのでなかなか友人や知人にアドバイスを求めるのも気が引けていたのですが、時々カップル利用のホテルを使う話や、「私個人が気をつけたい性病」の話を聞かせていただけたので、それ以降はまめに局部だけでも毎日洗うようになりましたし、患ってから医師の話を聞くまでの、また過去も含めての性病に対する不安なども拭い去っていただけたので、診てもらって本当に良かったと思います。
手当としては軟膏を塗ってもらい、その軟膏を処方されてしばらく自宅で塗布していたところ、思っていたよりも早く三日ほどでかゆみも赤みも引きました。

≫ 『亀頭包皮炎:軟膏で治った』

尖圭コンジローマは窒素で焼いて治療することも

アルフレッドさん 男性 30代
温泉などが好きでよく温泉巡りや銭湯に行きますが、銭湯に行ってから性器の近くに小さなイボができていました。
痛みなどが特になかったから最初はあまり気にしていませんでしたが、時間の経過と共に徐々にイボの数が増えており、段々、不安になってきたので、病院に行くことにしました。
泌尿器科に行くか皮膚科に行くか迷いましたが、幸いにも近所にどちらの診療科を持つ有名な病院があったので、その病院にに行くことにしました。
診察結果は尖圭コンジローマでした。
医師の診察前の看護師の聞き取りで患部を見てすぐに看護士から言われたので罹っている人が多いのかとも思いましたが、すぐに症状が分かったから気持ち的には少し楽になりました。

そして、治療に関しては外科的治療と薬用治療があるといわれ、外科的治療は直接患部を治療するので完治が早いということでしたが、窒素を使うというのが少し怖かったから薬用治療を選択しました。
塗り薬と服用薬が処方されましたが、完治するまで1か月以上かかりました。
小さなイボはすぐになくなりましたが、成長して大きくなっていたイボはなかなか小さくならず、後もしばらく残ったので、もう尖圭コンジローマには二度と罹りたくないと思いました。
≫ 『尖圭コンジローマは窒素で焼いて治療することも』

陰部のかゆみは汗や蒸れなども原因になる

みんとめろんさん 男性 40代
ものすごくデリケートゾーンがかゆくて困っておりました。

デリケートゾーンのかゆみの原因は下着などでむれているため、かゆいのだろうと思っておりました。
とくに性病などに関しては思いあたることは、ございませんでしたのでデリケートゾーンに汗をかいてかゆくなったのだと思いましたね。
毎日デリケートゾーンがかゆかったのですが病院には、いかずに毎日をすごしていたのですが
さすがに毎日ものすごくデリケートゾーンがかゆかったので病院でみてもらうことにしましたね。

病院ですが皮膚科または泌尿器科どちらへいけばよいのであろうかと思いましたね。
やはりデリケートゾーンであるために皮膚科と泌尿器科どちらもある病院でみてもらいましたね。

病院にいく前ですがシャワーでデリケートゾーンをきれいにしてからいきました。
病院で先生にみていただきデリケートゾーンのかゆみの原因を説明してくださりました。

デリケートゾーンのかゆみの原因は性病などによるかゆみではなく下着などでむれているためにかゆみがでているとのことです。
病院では塗り薬をもらいました。
毎日塗り薬をデリケートゾーンに塗ることによってデリケートゾーンのかゆみがなくなり本当によかったです。
もっとはやく病院にいってみてもらえばよかったかと思いますね。
≫ 『陰部のかゆみは汗や蒸れなども原因になる』