新宿西口徒歩1分の性病科 | 待たない新宿の性病科を探しています―新宿駅前クリニックなどの口コミ・評判

新宿西口徒歩1分の性病科

新宿駅前クリニック性病科 新宿西口徒歩1分の性病科

新宿駅前クリニックでは、男性のクラミジア性尿道炎、淋菌性尿道炎、細菌性尿道炎、亀頭包皮炎(カンジダ)、性器ヘルペスなどの診療を行っています。
また、クラミジアや淋病など性病の即日検査は行っていません。
精密検査を行っているため、外部の検査機関に外注しています。
これは、検査ミスが起こらないようにするための配慮です。
郵送検査キットを用いた検査や、クリニック内で行う即日検査、検査機関に依頼をする精密検査では検査の方法が異なります。
しかし、当日に検査結果が出なかったとしても症状が見られる場合は、抗生物質による即日治療を行うため、治療自体に大差はありません。

新宿駅前クリニック性病科 自由診療が低料金

新宿駅前クリニックは、自由診療が低料金であることが特徴です。
内科や皮膚科、耳鼻科も入っているため、泌尿器科や性病の治療に関しても保険診療を行っています。
新宿の耳鼻科・内科・皮膚科の病院

採算が取れる状態にしていることによって、自由診療でも利益が出ないような低料金にしているのです。
気軽に受診が出来る低料金は、性病の早期発見による予防に繋がります。
そのため、社会貢献の意味も込められているのです。
ただし、女性の性病に関する診察や、女性の陰部の視診や触診などは行っていないため、性病の治療は男性のみとなります。
また、精密検査機器が必要となる尿路結石や前立腺癌、前立腺肥大と精液検査は行っていません。

新宿駅前クリニック性病科 口コミ

男性の性病に関して、デリケートな部分の診察も低料金で行っている点が魅力の新宿駅前クリニック。
診察を受けた方の口コミを見てみましょう。
「一番近い場所にあった新宿駅前クリニックさんを利用しました。
仕事の合間であったため、可能な限り早く診察をしてもらいたいと考えていました。
午後一番であったためか、あまり混雑は見られませんでした。
診察も素早く終わりました。素早いといえど、症状について聞いてくださり、症状にあった薬も処方してもらえたため満足です。
早く診察を終わらせたい時にはおすすめのクリニックです。」
「とても良い病院だと感じたため、おすすめです。じっくり診察をしてもらいたいという方には、少々物足りないかも知れません。
しかし、スムーズに診察をしてくれるため、忙しい方には非常に良いクリニックであると思います。
受付の方も先生も、とても優しく親切でした。問診も丁寧、薬に関する説明もしっかりとしてくださったことが良いい印象です。
受付も待合室も非常に綺麗であった事が印象的です。院内は明るく、とても清潔感があります。
午後の時間帯に来院したため、非常に混み合っていました。
内科の新宿の病院ということで1時間ほどは待つのではと感じましたが、30分程で診察をしてもらえたため助かりました。
手際よく対応をしてくださるため、患者が多くても意外と待つ時間は短いようです。」
「泌尿器科を受診しました。平日であった事もあり、待ち時間はありませんでした。先生の対応も問題ありません。
特別親切、優しいという印象ではないです。淡々としている印象ですが、しっかり診察してくれていると感じました。
駅から近い点がメリットです。
建物自体は少し古いようですが、院内は清潔でした。」
「前から陰部の痒みに悩んでおり、インターネットで調べて改善方法を試してみても全く改善されませんでした。
そのため、新宿駅前クリニックを利用してみました。
クリニック内はとても清潔にされており、非常に印象が良かったです。
先生の説明も分かりやすく丁寧です。
来院してからは、強い痒みを感じることが無くなりました。」
症状が改善されることは勿論、院内の雰囲気や診察内容に関しても満足している方が多いようです。
駅からも近く、予約も不要で受診することが出来るため、性病が疑われる場合には早めの受診をおすすめします。

新着情報

亀頭包皮炎「2日程度でましに」

のりっくさん 40代 男性

私は、重度の仮性包茎です。
勃起すればかろうじて亀頭は露出するのですが普段は完全に包皮に包まれています。
いつの頃からか、自慰をするときはローションを使い亀頭を露出するようにして刺激を入れるようにしていました。
そうすることで露茎になるという噂を目にしたことがあったからです。
しかしローションで亀頭を刺激するようになってから、包皮裏に痛みを伴う傷ができるようになりました。
傷がついた時には痛みで亀頭を露出することができず、しだいに膿もでるようになって排尿時に痛く、そのたびにガーゼで拭きとっていました。
そして一週間ほどで痛みは治まる。
年に数回、繰り返していました。

あまりに繰り返すので、泌尿器科を受診。
すると先生からは「場所は泌尿器だけど、専門は皮膚科だね」と言われました。
触診のときにはしっかりと見てくださいましたが、「これはやっぱり皮膚科だね」「お薬は出せるけど、痛みが続くなら皮膚科に行ってね」とステロイド外用薬をいただきました。
その時はすぐに治まりましたが、その後もやはり続くので、泌尿器科の先生が言われた通りに皮膚科へ行きました。
皮膚科は、若い女性看護師や受付、患者層も女性が多くとても恥ずかしかったですが、先生に「陰部のことで」と言うと、すぐに若い看護師さんはカーテンを閉めてその場を離れてくださいました。
しかし先生が「しっかりと包皮をひっぱって」「包皮が余ってるところだね」「優しく触らないとダメだよ」と、とても大きな声で言われたのがとても恥ずかしかったです。
結局、処方されたのは泌尿器科と同じステロイド外用薬。
皮膚科の門前薬局に処方箋を持っていきましたが、若い薬剤師さんが「今日はどうされましたか」「塗り方はご存知ですか」などと言われ、顔が真っ赤になったのは言うまでもありません。

≫ 『亀頭包皮炎「2日程度でましに」』

咽頭クラミジア「腫れぼったさに気づいて受診」

いしださん 20代 男性

どのタイミングで感染したのかは分かりませんが、喉の違和感や熱っぽさ、腫れぼったさを感じたことから病院を受診することにしました。
特に喉が腫れてしまうと言う事は日常生活的にも非常に困ることであり、少しでも早く治そうと思ったことが病院の診察を早く受けようと思ったことにつながりました。
確かにこの当時を思い返せば女性とオーラルセックスを何度かしており、そのタイミングで移ったのではないかと思います。
しかしながら当たり前ではありますが、その時は女性のどなたからもクラミジアであると言う報告を受ける事はありませんでした。

この時は病院の性病科で診察を受けると言う概念はなく、近くの耳鼻咽喉科に診察を受けに行くことにしました。
やはり私が抱えていた喉の腫れや違和感、身体の熱っぽさから咽頭クラミジアによる扁桃腺の腫脹であると言うことがわかりました。
病院でもそのようなオーラルセックスをしたのかと言うことを聞かされ、そのタイミングでクラミジアを抱えていた女性から感染したのではないかと言うことになったのです。
そのクラミジアの感染を抑えたり、クラミジアを死滅するための抗生物質が処方され、その薬をしばらく飲んでいると喉の痛みや腫れ、熱っぽさはなくなり気になっていた症状がなくなりました。
少しでも自分の体調に違和感を感じるようなことがあるようであれば、早めに病院受診をした方が良いですし、女性とそのような行為を行う際には十分な性感染症の予防を行うことが必要となるでしょう。

≫ 『咽頭クラミジア「腫れぼったさに気づいて受診」』

性病検査「緊張しました」

たかさん 男性 40代

よく風俗を利用していたので、性病とのリスクとは常に向き合っていた状態でした。
新規に見つけた女の子と遊び、いい思いを体験したのですが、プレイの翌日あたりから、陰部に違和感を覚えました。
排尿時に痛む、少しかゆい。
それまで、自分の性器をまじまじと見たことはなかったのですが、白いブツブツもカリのあたりにあり、さっそくネットで検索。
「尖圭コンジローマ」という病気を疑いました。
白いブツブツの症状が少々違いましたが、念のためと思い、医療機関を受診しました。

結果は、シロ。
痛みやかゆみは一時的なものであり、白いブツブツに関しても、「フォアダイス」という良性のものでした(気になるようなら切除するけどと医師に言われました)。
どんな診察をするのかと不安でしたが、ただ単に触診と血液検査のみ。
ただ、看護師(女性)の前で性器を出し、本当の心配だった理由(風俗利用が原因かも?)を伝えるときに非常に緊張しました。
医師は「ほどほどにね」と笑っていましたが。
結果としてはシロで何も心配はないのですが、このような症状が多々発生するようでは、正直、医療機関に受診するのはすごく恥ずかしいので、キチンと避妊具を使い、安全な利用(回数も落とす。あまり意味ありませんが)をしていこうと考えました。

≫ 『性病検査「緊張しました」』

性病検査「何もなく安心しました」

piasanさん 男性 20代

相手の方とやった後日から少しあそこが痒いなど症状が出てきてもしかして性病にかかったのかと思いクリニックに行こうと思いました
相手の方も自分がもしもってたらどうしようなど話しながらクリニックにお互いいこうと話し合いをしていきました
症状は最初は痒いだけだったのですが少し腫れたりしていきました
クリニックで症状など見てもらった後薬などもらいすこしずつ良くなっていきました
結局性病ではなかったので心配をかけてしまった相手の方に申し訳ないと思いました

相手のほうは特に異常はなかったのですが自分の方のあそこが痒くなったのでクリニックに行きました
クリニックに行った時にまずいつから症状がでたか性行の時期やどう処置していたかなど聞かれました
自分の時は痒みがあったりなどして触れられて痛みなどがあるかどうか確認されました
その後尿を取り採血などもしました
その後相手の方にも確認してもらったりしましたが特に何もなかったようでした
あそこの痒みなどデリケートなことで行くのは最初恥ずかしさなどがありましたがお互い疑心暗鬼などになるまえにしっかりクリニックに行き確認して特に感染などがないとわかって一安心しました
医師の方も少しでも心配のある方はしっかりときて確認してくれた方がもしもの時にも対応できるからと笑いながら言っておりました

≫ 『性病検査「何もなく安心しました」』

陰部のぶつぶつ「説明を聞く事が出来て安心」

TKOさん 男性 30代

高校3年生の頃の話ですが、ある時ふいに陰部を見てみると亀頭の付け根部分にイボが複数あるのを発見しました。
親には相談できずネット環境も乏しい時代、同姓の友人に相談すると『それは尖形コンジローマだよっ』と言われたのをきっかけに病院く決心をしました。

症状としては痛みは無く亀頭のカリの部分にぶつぶつが複数付いていました。
昔は無かったはずですがいつのまにか出来ていたという印象です、自分は仮性包茎で普段あまり直視する事の無い部分だったので性病になってしまったと思い落ち込んだ事を記憶しています。

症状が気になったのですぐに泌尿器科の専門医が居る病院を探して受診しました。
診察自体は陰茎の患部を視診と触診されるだけでした、微細な検査をしなければいけないのだと思っていましたがすぐに診断は終了しました。
診断の結果はフォアダイスという、陰茎上に出来てしまう良性のイボのようなものとの判断でした。
男性の半分以上がフォアダイスというイボが発生しており、そのまま放置していても問題ないとの事でしたが見た目的に気になってしまい手術の説明も聞いたのですが費用が10万円くらいはかかるとの事で断念しました。
見た目のグロテスク感はありますが、多数の男性が同じ症状である事、性病ではない旨の説明を聞く事が出来てとても安心しました。

≫ 『陰部のぶつぶつ「説明を聞く事が出来て安心」』